現代アート

Hughie O'Donoghue RA、1953年。抽象表現主義画家

©王立芸術アカデミー/ Hughie O'Donoghue RAはイギリスで生まれましたが、アイルランドのケリー州に長年住んでいました。彼は1982年にゴールドスミスを卒業し、1984年から85年までロンドンのナショナル・ギャラリーでアーティスト・イン・レジデンスでした。彼の作品は過去との関わり合いを特徴としています。彼は、人間のアイデンティティ、記憶、そして経験のテーマを探求するために、比喩と抽象化を使います。そして、歴史、神話、そして個人的な記録を利用して、感情の激しさに共鳴する作品を作り出します。

続きを読みます