日本のアーティスト

小嶋光計[小島光径]〜桜の花

日本画家の絵画は、菖蒲、川、川の上の木々、小川が飛び散る渓流、川からのそよ風、冬の暖かい雨と雪の滴り、そして静かな冬の雪です。春の桜と秋の金色の木が静かに地面に落ちます。小島康慶は、日本ではいわゆる山絵と呼ばれている風景画を描き、それをうまく描きます。

続きを読みます