Irishアーティスト

コナー・ウォルトン、1970年。寓意的な比喩的な画家

ダブリンで生まれたコナー・ウォルトンは、1993年に卒業して、国立美術工芸大学で絵画を学びました。イギリスとイタリアでさらに研究を続けた後、1996年にアイルランドでフルタイムの絵画に戻りました。ダブリンの芸術Conorは現在、イギリス、デンマーク、ノルウェーでの最近の個展で、アイルランド以外で広く展示しています。

続きを読みます