ルネッサンス美術

フィリッポ・リッピハイルネッサンス画家


Fra Filippo Lippi、(c。 1406、フィレンツェ、イタリア - 1469年10月8日、10日、スポレート、教皇国)、フィレンツェの画家**ルネサンスの芸術家の第2世代**。例:マドンナと子供、1437)とFra Angelico **(例えば、聖母の戴冠式では、c。 1445年、彼の作品は表現の明確な明快さを達成しました。伝説と伝統は彼の型にはまらない人生を取り巻く。

  • 人生と作品
フィリッポ・リッピはフィレンツェの非常に大きく貧しい家庭に生まれました。彼の父と母の両方の死後、若いフィリッポは数年間叔母によって育てられました。後に彼女はサンタマリアデルカルミネのカルメル会修道院の修道院に彼の兄と一緒に彼を置きました。修道院のBrancacci礼拝堂はその時Masaccioによってフレスコ画で飾られていました**。ルネサンスの最も輝かしく影響力のある絵の中にあることになっていたこれらのフレスコ画は、リッピにとって芸術との最初の重要な接触でした。
1432年、リッピは教会と回廊にフレスコ画を描いた後、修道院を去りました。ルネッサンスの伝記作家ジョルジオヴァザーリ**によれば、彼は18ヶ月間奴隷として保持されていた彼の肖像画を描いた後、アドリア海のムーア人によって誘拐され、解放された。彼の飼い主の1434年に芸術家がパドヴァにいたことは知られています。彼がパドヴァにいた間に実行された作品のどれも知られていません、しかし彼の存在の効果はそのようなAndrea Mantegna **のようなそこにいる他人の絵で認識されるかもしれません。



1437年に、リッピは強力なメディチ家によって保護されたフィレンツェに戻り、修道院や教会のためにいくつかの作品を実行するよう依頼されました。パドヴァ: SSの間の聖母子。フレディアーノとアウグスティン そしてその マドンナと子。これらの祭壇の両方で、マサッチオの影響はまだ明白ですが、それは彫刻家のレリーフに似ているように、線でより明白にされる浅浮き彫りの絵の効果を持つ異なるスタイルに吸収されます**これらの作品では、色は暖かいです、網掛けでトーンダウン、彼の偉大な現代的なFra Angelicoの澄んだ色彩学に近づいています。 Lippiの開発に対するさらなる証言は 受胎告知、かつては遅い作品だと信じられていましたが、現在は1441年から1443年の間に作成されました。それは色と形の間の遠近法と巧妙な対比の新しく発見された効果を使って新しい方法で構成されます。ドアで2人のおびえた女の子の軽い衣服の提案された動きは、サンドロBotticelliを予想するようなそのような敏感さでレンダリングされます。同時に有名な祭壇画、Lippiの有名な 聖母の戴冠式、数字で混雑した複雑な作品です。祭壇画は見事に贅沢であり、一場面としてpolyptychの様々なパネルを結合することにおいてその成功においてフィレンツェの絵画の歴史的なポイントをマークします。祭壇画は彼が開発した絵画から欠けている組成の厳粛さによって特徴付けられます15世紀のフィレンツェの芸術の典型的なモチーフ:彼女の胸に子供がいるマドンナ。これらの傑作は 子供とマドンナとマリアの生涯からのシーン、フィレンツェのピッティ宮殿で今円形の絵。それは明確で現実的な人生の鏡であり、最も親密な形で変容しており、それはルネッサンス美術に大きな影響を与えました。第二の聖母の戴冠式1445年頃に実行された、Lippiのスタイルの著しい変化を示しています - Masaccioの彼の研究によって示唆されたプラスチックの値からAngelicoの穏やかなクロマトグラフィーまで。1442年LippiはLegnaiaのSan Quirico教会の学長になりました。彼の人生は、しかし、絶えずより巧妙になり、そして伝統は彼に評判を与えました(大部分は文書によって支えられている彼のサンタマルゲリータの修道女の修道院で絵画をしていたプラトからの彼のロマンチックな飛行で彼の冒険は1456年に頂点に達しました - 修道院の若い修道女と、 Lucrezia Buti。1456-1458よりLippiはLucrezia、彼女の姉妹、および他のいくつかの修道女と暮らしていた。Lippiの行動は、間に合わず契約を履行することができなかったため、彼を困惑させた。彼は逮捕され、試みられ、そして拷問を受けた。 Lippiが釈放され、彼の誓いを放棄することを許可されたのは、Cosimo de 'Mediciの介入のおかげです。教皇は後に元司祭画家と修道女の結婚を許可し、この組合から、15世紀後半の最も有名なフィレンツェの画家の一人となることになったFilippinoと呼ばれる息子、Filippoが生まれました。フィレンツェから少し離れた、明るく活気のある街プラトは、フィリッポ・リッピの2番目の家でした。彼は頻繁にプラトに戻り、長期間そこにいて、フレスコ画や祭壇画を描きました。若い頃から同伴者であり共同編集者でもあったFra Diamanteが同行したLippiは、1452年にそこで大聖堂の聖歌隊の壁を改装し始めました。プラトでの彼の活動の中心には、バプテスト聖ヨハネとステファン聖の生涯からの4つの福音伝道者と場面がある、大聖堂の機会にフレスコ画が立っています。おそらく人生で最も厳粛な情景と聖ステファンの死は埋葬です。聖者の葬儀用ベッドの両脇には、カルロ・デ・メディチ枢機卿、フラ・ディアマンテ、そして芸術家自身の間で、嘆き悲しむプレレートと輝かしい人々の群衆が立っています。

1467年、リッピ、その息子のフィリッピノ、そしてフラ・ディアマンテはスポレートに向かいました。そこでは、リッピは別の広大な仕事の依頼を受けました:キリスト降誕、告知、マリアの死を含む大聖堂の聖歌隊の装飾とフレスコ画これらのフレスコ画は、Lippiの最後の作品でした。フィレンツェのサンタ・マリア・デル・カルミネの僧侶の死体調査と、スポレートのアーカイブには2つの文書化された日付があります。後になってメディチ家は彼のために建てられた、リッピの息子によって設計された素晴らしいsepulcherを持っていました。1490スポレートの大聖堂で。
  • 評価
フィリッポ・リッピの死後の判断はしばしば彼の冒険的な生活の伝統によって色付けされていました。さらに、彼の作品は他の画家からの借り入れに対して時々批判されてきました。それにもかかわらず、彼の芸術は縮小されたのではなく、むしろ彼がMasaccio **とFra Angelico **から得たものによってより豊かにされ、そしてよりバランスのとれたものになったことも認められています。彼は芸術的ビジョンを実現するためのテクニックと彼の時代の最も評価された芸術家の一人になるための新しいアイデアを常に模索していました。 「天才の一流のイラストレーターこれにより、表現内容の重要性と彼の作品における現実の表現の重要性を強調することを意図している。物語彼の時代の生活を反映し、初期のルネッサンスの理想を日常の言葉に翻訳した精神。 |ヴァレリオマリアーニ©EncyclopædiaBritannica、Inc.





















フィリッポリッピ、フィリッポ - ピットーレ(Pフィレンツェ1406年頃 - スポレト1469)個人的な質問、質問や意見を交換したり、あなたに素敵なメッセージを送ることができます。フィレンツェについての詳細情報。 。意味のある重要なsi ricordano l'Incoronazione della Vergine(1441-1447年頃).
  • ヴィータ
カルメン・ア・フィレンツェの歴史的建造物1421に投票してください。すべてのオペラマサッチョとマゾリーノダパニカーレ、in 1424年頃、1428年頃、すべてアラカデラジーノデッラアカペラBrancacci.Nel 1428国会議事堂、歴史、文化、文化、文化、そして文化、そして文化、そして文化、そして文化、そしてすべての分野で出会いをやめるには、次のようにしてください。Al Principio del 1456 Il Lippi fu nominato cappellano del Convento di S. Margherita Buti、di cci siinnamoròe che fuggire con luiを納得させる。 Dalla loro unione illegittima nel 1457 Nacque segretamente a Prato il figlio Filippino。 anonima、nella quale veniva svelata anche la nascita del figlio、frono infine sciolti dai voti e uniti legittimamente in matrimonioに囲まれています。
  • オペレ
アル・ピリオド・ジョヴァニーレ、ドマルト・ダルフルッソ・ディ・マサッチョ、マドンナ・デル・ウムチルミラノ、スフォルツェスコ美術館;壮大な装飾品を購入するには、Carmine a Firenzeをご利用ください。ラマドンナ(1437;イタリア、ローマのタルクイーニア広場の美術館)、Cui Lippi affermaとtemperamento suoで、nel definire私contorni、e nei guizzi di luce che damato la lastabilitàdel rilievo。 アンカンチアジオン、S. LorenzoでFirenze.La pala Barbadori per S. Spirito del 1437ごと (またはルーブル美術館)、crescente sviluppoのほとんどのカラットリの詳細:マジョール語の翻訳:giochi di chiaro e d'ombra danno alla modellazione movimento piuttosto che consistenza、il coloreウフィツィ)、アルティメットごとの証明書、広告主のための説明文の先頭へ戻る前へ次へ次へ次へNella pala di S. Croce(ウフィツィ)、nella festosa Incoronazione della Vergine(ウフィツィ)、Lippi va subordinando semperpiùle impressioni plastiche quelle di movimento.Gli affreschi del coro del duomo di Prato、Evangelisti、Storie del Battista e di s。ステファノ(1464年)、大規模なオペラのための最も重要な純正のnell'ultimaグランドオペラ、大規模な共同オペラで、ディアマンテと桟橋Matteo d'Ameliaから:gli affreschi dell'abside del duomo di Spoleto(1467-69)。考古学ソノ・ラ・デリカティッシママドンナcon angeli(Uffizi)とle varie versioni dell'Adorazione del Bambino (ウフィツィ、Berlino、Gemäldegalerie;詳細については、ここをクリックしてくださいdalla bottega di Lippiを推薦します。 | ©トレカニ