リアリストアーティスト

ウィリアムアドルフブーグロー学術画家

Pin
Send
Share
Send
Send



ウィリアムアドルフブーグロー、((1825年11月30日生まれ、ラ・ロシェル神父。 - 1905年8月19日、ラ・ロシェルで死亡)、フランスの画家🎨、19世紀後半の彼の国のアカデミック絵画の支配的な人物。
ブーグローは1846年にÉcoledes Beaux-Artsに入り、1850年にローマ大賞を受賞しました。今日の絵画はおそらく高い評価を得ています。



彼の作品は、洗練された技術的に完璧なリアリズムと彼の主題に対する感傷的な解釈によって特徴付けられました。
彼のキャリアが進むにつれて、ブーグローは1860年代から70年代にかけて多くの栄誉を受けました。彼は数十年間サロンに定期的に出展し、しばらくの間彼の日の最も有名なフランスの画家になりました。絵画における公式の正統派の支持者として、彼は印象派の作品やその他の実験的な画家のサロンからの排除において大きな役割を果たしました。






彼の晩年に彼はいくつかのパリの教会の礼拝堂を装飾し、ラファエル前派様式で宗教的な構図を描いた。彼はフランスだけでなく他の国々、特にアメリカでも幅広い影響を及ぼしました。 1876年に彼は美術アカデミーのメンバーになりました。現代の批評家は技術の大胆さと人間の形の高度に洗練された、しかし慣習的な取り扱いの犠牲を犠牲にした画家としてブーグローを評価する傾向があります。 |©EncyclopædiaBritannica、Inc.



















img alt = "William-Adolphe Bouguereau 1825-1905 |フランスの学術画家" border = "0" src = "// 4.bp.blogspot.com/-2R790ACvTEE/T36tYtyjzxI/AAAAAAABVIk/DYjkzLWBDXs/s1600/William+A. Bouguereau + - + Tutt%2527アート%2540 +%252827%2529.jpg "title ="ウィリアム - アドルフ・ブーグロー1825-1905 |フランスの学術画家 "/>


























































ブーグロー、ウィリアムアドルフ - ピットトーレフランス人、1825年11月30日の歴史的建造物。詳細については、Cabanel e con lo Henner.Nel 1850をご覧ください。イタリアでは、ラファエロとのコラボレーションが非常に人気があります。パリジャンネル1854、パルテージのすべての特別な場所、すべての場所の装飾、装飾用の装飾品、装飾品、装飾品、装飾品、装飾品、装飾品Vincenzo de 'Paoli a Parigi、ボルドー劇場、ラロシェル美術館。アントロサ、アムステルダム、ボルドー、ディジオーネ、ラロシェル、ミュルーズの歴史的建造物を表示する。 Colmato di ricompense e d'onori、1905年頃、La Rochelle il 18 agosto 1905に移籍しました。 | ©Treccani、エンサイクロペディアイタリアーナ


Pin
Send
Share
Send
Send