リアリストアーティスト

Myrtille Henrion Picco、1952

Pin
Send
Share
Send
Send



フランスの画家🎨Myrtille Henrion Piccoはフランスのナンシーで生まれました。子供、彼女はいたるところでいたずら書きしています。しかし、これは彼女の仕事をするのに十分なほど最初に彼女を引き付ける写真です。長方形の「そしてカメラの金属のように冷たい。カメラのレンズが彼女を世界に引き離す。



それでは、世界について話しましょう。
1973:彼女は巣を捨てます。彼女は去る。
イギリス、ドイツ。他の場所での生活のトライ。エキゾチックではありません。
1976:最初の主要な遠征、後ろに荷造り。ギリシャ、ユーゴスラビア、イラン、アフガニスタン、パキスタン、インドを通るイタリアネパール、バス、ヒッチハイク。
他の旅行、他の国々、移転と来て、そして彼女が多くの暗くて苦しめられた図面を作った間のあらゆる種類の行事が起こるでしょう。
太陽を探して、彼女はサントロペに到着し、そこで夫のアンリ・ピッコ、画家、そして彫刻家と出会いました。彼の友達のほとんどはアーティストです。彼らは一緒にスタジオで一晩過ごします。
それはアイオープナーです。
"私はスポンジになりました、 彼女が言います、 私はあらゆるジェスチャー、私に何かを教えることができるあらゆる単語を飲んだ。これらの瞬間は私にとって不可欠になりました".
彼女の絵は絵画に変わる。
色は組成物に含まれています。サイズが大きくなります。
1979:Ardecheへのインストール
1980:新しい旅。ブラジル。初めての個展。
1981:フランスに戻る。彼女の娘リリーの誕生。
1982:彼女の腕の下に赤ちゃんは、彼女は彼女が6ヶ月間滞在する熱帯地方、目的地マルティニーク島に向けて出発します。
1990-91:彼女はリヨンで自分の作品をマルシェドラクレア".
1994-95:夫と共に、彼女は大きな壁画、困難な女性の社会復帰のための社会的プロジェクトの作成に講師として参加しています。繊細な人間の冒険は、両方とも風と嵐に立ち向かいます。
2008:リヨンのヴィラローズでの個展
今日、彼女はArdècheに住んでいて働きます。




























Pin
Send
Share
Send
Send