リアリストアーティスト

カミーユ・クローデル、ドビュッシーとラ・ヴァルス、1891

Pin
Send
Share
Send
Send



彼女の芸術的キャリアの最高峰、CamilleClaudel's🎨で作成されました ラヴァルス、 若い彫刻家の洗練されたスキルの素晴らしい例です。動きのあるカップルのこのダイナミックなレンダリングは、その詳細で複雑なトリートメント表面と形態で、彼女の最高の彫刻の中で考慮されています。 ラバルセ アウグスト・ロダンとの10年間の恋愛の終わり近くで、紛争、一生懸命の仕事、紛争そして最終的には失望に満ちた情熱的な関係。彼女の最もエロティックな彫刻の一つ、クローデルは最初のバージョンで裸の彼女のダンサーを発表しました。

ボサール政権はこの大胆さにとてもショックを受け、彼女は彼女の人物像をドレスアップするよう要求した。彼女はそれを部分的に女性の人物の背中から流れ出るような布地で完成させた。作品に浸透した強い感情:
"肉は若く、生命と共に脈動しますが、彼らを取り囲むカーテン、それに追従する彼らと一緒に渦巻くカーテンはシュラウドのように戦います。私は彼らがどこへ行くのか、それが愛なら、それが死であれ、知らないが、私が知っているのはこれら二つには悲しい悲しみがあるということだ。" (O. Mirbeau、Camille Claudel de la mortàl'oevre、パリ、p。 43)

クローデルは、彫刻家ポール・デュボワがオーギュスト・ロダンに彼女を紹介し、1年以内に彼女が彼のスタジオで見習いになったときにさえ20歳ではありませんでした。ロダンのスタジオでのフィギュアと彼女自身の右の美徳彫刻家。Claudelはそのような信じられないほどエレガントで官能的な傑作を作り出しただけでなく ラバルセ彼女はまた手足を貢献した。最も要求の厳しいフォームであることが広く認められていますロダンの最も有名な作品 『The Gates of Hell』に、そして彼女がロダンの有名なガラテアの真の創造者であったという推測さえあります。Mathias Morhardt、 "Mlle。Camille Claudel"、メルキュールドフランス、1898、p。 17年これらの人物が関わっているワルツのリズムは、体の緊張とカーテンの渦巻きの中に感じることができます。
今日最初のものとして知られているもう一つのバージョンでは、数字は頭の上や周りに登るカーテンで覆われています。 2番目のバージョンではドレープが修正されているので、数字は上半身からはヌードです。

フィギュアダンスのベースが変更され、男と女の頭の配置が変わるこの第2シリーズでは、バリエーションもありました。ここでは、男の唇が女性の頬に優しく寄りかかるように、クローデルの変更がいくつか組み込まれています。ドレープは他のバージョンよりも巧みに機能し、繊細で情熱的なダンスに包まれた2人の人物をサポートするのに役立ちます。 ラバルセ シリーズは「クローデルの代表」最も大胆で個人的な作品「そしてそれに」これらの作品は、カミーユクローデルは完全に自律的な天才を表示し、世紀の変わり目の偉大な芸術家の間で場所を取ります" (AnneRivière、Bruno GaudichonおよびDanielle Ghanassia、op.cit、pp。116-17).
クローデルはの最初の版として知られている現在の構成のプラスターキャストを完了した ラバルセ現在の青銅は、パリで最初に計画された50のうちの25の版で、パリのEugèneBlot鋳造所によって1905年に鋳造されました。 | ©サザビーズ



ラバルセ1892年から1818年まで、1892年から1820年まで、人気のリスボン、1892年まで、人気のアーティスト、他の都市で、Claudel necuróvarie versioniなどなどを介して、他の人々と交流することができます。 tarda che risale al 1906.ヴィエネラタ・ト・ラ・ミグリオリの文化デラ・クローデル。 Rappresenta una coppia che balla un valzer appassionatamente。
"鳩ヴァンノcosísmarritiネル 'ebbrezza dell'アニマとデラカルネ、cosìstrettamente uniti?
ヴェルモーレ・アモーレとヴェルソ・ラ・モルテ
? - 'sほとんどの歌詞は現実的ですOctave Mirbeau。Le carni sono giovani、パルピターノ・ディ・ヴィータ、マイ・パンネッジョ・チェ・リ・シロッダ、リ・セグエロ・ロテア・コンロロ、スバッテ".
Camille Claudelの主催者のためのカタログを印刷してください。14 al 16 dicembre 1905 daEugèneBlot、Louis Vauxcelles(1870-1943)、批評家darteフランスの脚本家:
La Valseは、私たちの作品、賞賛に輝く作品、賞賛に輝く作品、そして間違いなしのアルバム、… 「カミーユ・クロード・ハンノ・ラ・カルトゥルティ・スカルペスフィオー・アッラ・ロッチュラ・ディ・アン均衡、カサタ・デッレ・ライン・チェ・シトンドーノ…(… )ラ・スクルトゥラ・ディヴィネーゼ、クシ・ミサレ、スーペリア、レコ・ディ・ウナ・レター、ラ・リスナンザ、ディ・デスティノ”.
ラ・ヴァルスとドビュッシー L'opera di Camille Claudel non risulta maiで結論をまとめることができます。 1890年頃の歴史の中で ラバルセ ドミノ、ドミニカ共和国、ドミニカ、ドミニカ、ドミニカ、ドミニカ、ドミニカ、ドミニカ、ドミノ、ドミニカ、ドミニカ、ドミニカ、ドミニカ、ドミニカ、ドミニカ、ドミニカ、ドミニカ、ドミニカ、ドミノ25回の購入ごとに1週間に1回の訪問です。 ラバルセロバート・ゴデット1891年に偉大な音楽家ソノ・エスプレッソ・キアラメンテ
"… ああ! L'amavo veramente、eであなたのレビューを書きませんか?da segni証拠、che mai lei avrebbe fati certi passi che impegnano tutta un'anima e che semper si manteneva inviolabile ogni sondaggio sullasoliditàdel suo cuore!あなたのレビューを書くためにチェックしてください!ノンフォスイルヌーラ。 Malgrado tutto、Sogno del Sogno、Pogngo Sulla Scomparsa… "




Pin
Send
Share
Send
Send