リアリストアーティスト

トッドウィリアムズ、1967


トッド・A・ウィリアムズはネブラスカ州セントラルシティの小さな農村で生まれました。彼は子供のころから彼の周りの世界の自然の美しさ、彼が絵画の芸術を通して今日も育ち続けているという認識に気づいていました。 Toddの影響は、Barbizonの色調主義からSorollaの印象的な色彩の海まで多岐にわたります。ニコライ・フェーチン、ジョアキン・ソローラ、アンダース・ゾーンの3人が彼の人生の中で最も変わっていません。 Toddは彼の技術に関して技術的に熟達しており、同様の懸念を共有する他の人々と連絡を取り合うことの重要性を認識しています。