リアリストアーティスト

フィービーアンナトラケア

Pin
Send
Share
Send
Send





当時の霊感を受けた先見の明のある女性であるPhoebe Anna Traquairは、マンスフィールドTraquairに「タイトル」の称号を授けた彼女の人生の8年間を費やしました。エジンバラのシスティーナ礼拝堂”.
彼女の生き生きとした印象的で本当に美しい壁画は、ブレイクとルネッサンスに触発された宗教的な場面を解釈し、芸術と工芸運動における著名な人物としての彼女の地位を反映しています。
ダブリン生まれ、Phoebe Anna Moss(1852-19361873年にスコットランドの古生物学者Dr Ramsay Traquairと結婚し、翌年にはエジンバラに引っ越しました。



フィービーアンナトラクエア(1852-1936アイルランド人の画家で、エジンバラで目立つようになり、驚くほどの量の作品を生み出しました。彼女はの一部でした アーツアンドクラフツムーブメント スコットランドでは、刺繍、ジュエリー制作、金属加工、絵画、イラスト、ブックデザインなどの分野で仕事をしてきました。彼女はカトリック使徒教会や王立病病院の礼拝堂など、エジンバラにあるいくつかの建物に広大な壁画を描いた。彼女の時代の女性のためによく教育されて、彼女は芸術で訓練されました、そして、彼女のスタイルはケルトの照らされた原稿とプレラファエリティズムの影響を反映しました。彼女はロマンティックな詩人、芸術家、そして宗教的な先見の明のあるウィリアム・ブレイク、そしてイタリアのルネサンス芸術にインスパイアされました - 1889年と1894年に彼女がイタリアを訪れた影響はさらに後押しされるでしょう。
Traquairはアーツアンドクラフツ運動において著名な人物となった。彼女は刺繍、エナメル加工、そしてイルミネーションで知られていましたが、彼女の名声を引き出すのは彼女の壁画でした。
1892年、当時のカトリック使徒教会の内部を比喩的で宗教的な場面で飾るように依頼されました。教会は足場を用意し、道具や資材の費用を負担し、そして未知の費用を彼女に​​支払いました - トラクエアが彼女の仕事に対する支払いを初めて受けた時です。
彼女は1893年に壁画の研究を始め、1901年に完成しました。Phoebe Anna Traquairは現在、宗教的なシーンやイメージの鮮やかで印象的な解釈によるインテリアの変革を通じて、永遠にマンスフィールドとつながっています。
特に、彼女は本を照らしました」ポルトガル語からのソネット「詩人エリザベス・バラット・ブラウニングによる。しかし、彼女はおそらく、彼女の絶妙な刺繍されたパネルとドレープのために今日最もよく知られています。魂の進歩" (その一部は上で見られます)は現在エディブルグのスコットランド国立美術館に常駐しています。
Traquairは両方ともユニークな人物です イギリス美術と芸術工芸運動そして、彼女は現代スコットランドで最初の重要なプロの女性アーティストとして認識されています。










フィービーアンナトラケア (1852-1936モラン、ネッラ・コンテア・ディ・ダブリノ、アイルランド、1852年、sesta dei sette figli del medico William。) 's stata una pittrice e intellettuale irlandese.Phoebe nacque dalla famiglia Uno dei suoi fratelli maggiori時代の国防総省、ダンテ・ガブリエル・ロセッティ、フランス領アンティルの有名な歴史的建造物ではありません。 Costei、ventenne、paleontologo scoszzeseの詳細はこちらEdimburgo、doveeseguìnumerosi disegni ispirati al lavoro del marito。 1885年から1901年までに英国王立病院に病気の子供たちが住んでいましたが、ここは「murali funebri」です。 。その他の色々な装飾や装飾品、装飾品、装飾品、装飾品、装飾品、装飾品、装飾品、装飾品、装飾品、装飾品、装飾品、装飾品、装飾品ラ・ピエトラ・デッラ・トムバ・ラ・ピエトラ・デッラ・トムバ。カトリックの使徒教会のfu soprannominato」ラ・カペラ・システィーナ・ディ・エディンブルゴ「フィービー皇帝の哀れな思いやりのベニッシモのための特別な問題。Tra l'altro、fu」イルミネータ"ecucuice di manoscritti miniatiの翻訳:tra ipiùfamosi si ricordano"ポルトガル語からのソネット「と」生活の家", "追悼で", "ソール", "Guinevereの防衛"e perfino 'ラヴィータヌオーヴァ'ダンテ。

Pin
Send
Share
Send
Send