スウェーデンのアーティスト

Nick Alm〜比喩的な画家

Pin
Send
Share
Send
Send





スウェーデンの画家Nick Almは1999年にイラストレーターとして仕事を始めましたが、彼が絵の楽しさを発見したときに方向を変えました。 2007年に彼は古典的な方法で人生の中からフィギュアを研究するためにフィレンツェ芸術​​アカデミーに受け入れられました。ここで彼はまた指導助手になった。卒業後、NickはThe Hudson River Fellowshipに参加して風景を描くための奨学金を受けました。滞在中、彼はニューヨーク市の素晴らしい美術館も探検しました。 2011年の大部分は、スウェーデンに戻る前に、ノルウェーとフランスでOdd Nerdrumと過ごしました。













アーティストの声明
私が画家として目指しているのは、自分の作品を生き生きとさせることです。人間の姿は常に私の作品の中心にあり、私はこれを素晴らしい光、雰囲気、そして質感で捉えようとしています。私はカメラを使うよりも人生から直接仕事をするほうが好きです。写真は、微妙な色や価値観の変化、そして面白い自然の変化を欠いた人生の単なる解釈です。私の目の前にあるオブジェクトをコピーする代わりに、私は自分のビジョンを単純化し、並べ替え、そして追加します。
私の主なインスピレーションの源は私の周りの現代の世界から来ています。私は、文化的な規範や特定の傾向を超えて、本質的にそして普遍的に人間であるものを伝えることを目指しています。文脈そのものから細部までの心理的緊張、心の状態、気分、あるいは絵画のような喜びを表現する機会など、私の身の回りで何か特別なことに私を目覚めさせるものは何でもあります。社会を批判したり変えたりすることは私の目標ではありません。代わりに、私の作品は主に個人の内的世界に向けられています。うまくいけば、私の作品が視聴者に日常生活からの脱却を促し、一瞬の内省をもたらす認識の感覚を呼び起こし、あるいはおそらく創造的な衝動を刺激することでしょう。



教育
2007 - 2010年度フィレンツェ芸術​​アカデミー - メンダル/フィレンツェ、スウェーデン/イタリア
2006-2007 KV Konstskola - スウェーデン、ヨーテボリ
2005 Den digitala bildens estetik - スウェーデン、ヨーテボリ
2001-2004芸術プログラム(こうこう) - Nässjö、スウェーデン

グループ展

2013Jäger&Jansson Galleri - ルンド、スウェーデン
2012 "Det psykologiskamåleriet" - Galleri Ingela S - ストックホルム、スウェーデン
2012Höstsalong2012.スウェーデン、ストックホルムのEdsvik Konsthall
2012RödaRummet、Galleri Ingela S、ストックホルム、スウェーデン
2011Bjäremålarna - Båstad、スウェーデン
2010 AAF、W.Hパターソン - ロンドン、イギリス
2010コルシニ厩舎 - フィレンツェ、イタリア
2009Bjäremålarna - Båstad、スウェーデン
2008Bjäremålarna - Båstad、スウェーデン
2008 Galleri Scandinavia - イェーテボリ、スウェーデン
一人の男が示しています:
2013 Galleri Ingela S - ストックホルム、スウェーデン
2011 GalleriHörleSlott - スウェーデン、ヴェルナモ
2010 VetlandaKonstförening - Vetlanda、スウェーデン
2008 Galleri Mejan - Hult、スウェーデン
奨学金
2010年ハドソン川フェローシップ
2009年アートリニューアルセンター奨学金
2009年ティーチングアシスタント奨学金。

























2013最優秀賞、比喩的なカテゴリー - 二人の恋人 - 国際アークサロン。
2013最優秀賞 - 2人の恋人 - Artist's Magazineオールメディアコンペティション。
2012年の優秀賞 - 「不眠症 - ベッドの端」 - アメリカの肖像協会。
2011年第1位 - "ピアノによる会話" - アーティスト誌全メディアオンラインコンペティション;
2010名誉佳作 - "クリーチャー" - アートリニューアルセンター国際サロンアート;
2010名誉佳作 - "妄想" - アートリニューアルセンター国際サロンアート。








二人の恋人、2013年 - 最優秀賞、比喩的な部門 - 国際アークサロン

Pin
Send
Share
Send
Send