リアリストアーティスト

パスカル・ダニャン=ブヴェレ|家への入り口の前で食べるプチSavoyard、1877

Pin
Send
Share
Send
Send



パスカル - アドルフ - ジャン・ダグナン - ブヴェレット(1852年1月7日 - 1929年7月3日)の、フランスの一流の芸術家の一人だった ナチュラリストスクール彼は仕立て屋の息子であるパリで生まれ、父がブラジルに移住した後、祖父によって育てられました。後で彼は彼自身のものに彼の祖父の名前、Bouveretを加えました。1869年から彼はAlexandre CabanelとJean-LéonGérômeの下でÉcoledes Beaux-Artsで勉強しました。 1873年に彼は仲間の学生Gustave-Claude-Etienne Courtoisと彼自身のスタジオをオープンしました。
1875年から彼は1880年に彼は絵の事故のための一流のメダルを獲得し、1885年に散水トラフで馬のための名誉のメダルを獲得したサロンに出展しました。
1880年代からDagnan-BouveretとGustave Courtoisはパリのファッショナブルな郊外のNeuilly-sur-Seineにスタジオを維持していました。その時までに彼は彼の農民のシーンだけでなく彼の神秘的な宗教的な構成で知られている一流の現代芸術家として認められました。彼の大規模な絵画最後の晩餐は1896年にサロン・ド・シャン・ド・マルスに展示されていました。彼はまた、英国のコレクタージョージ・マカロックを含む裕福なクライアントのための肖像画を描いた。彼は当時の新しい写真の媒体を使って彼の絵画をよりリアルに表現した最初の一人でした。 1891年に彼は名誉軍団の将校になった。 1900年に彼はInstitut de Franceのメンバーになりました。 パスカルアドルフJean Dagnan-Bouveret(Parigi、7 gennaio 1852 - Quincey、3 luglio 1929)フランス人に敬意を表します。
Figlio di un sarto parigino、Bouveret fu alvato a non no Gabriel、e、nel 1869、Scuola di Belle arti di Parigi、nell'atelier di Alexandre Cabanel、quello di Jean-LéonGérômeのポイ。 1875年4月18日、最高の芸術家、最高の芸術家の一員として、1875年にサロン、ダブオッテネ、ダメ、ダメ、オレゴン、1880年にはクアルコムの作品を発表した。リシデンテ"、1885 per l'operaについての"nonchéuna medaglia d'onore nel "Cavalli all'abbeverata"Nel 1876年プロプリアド語、ローマ初演、舞台裏2位。フランチャコンテストの詳細はここをクリックしてください。シーンの詳細についてはこちらをクリックしてください。Bouveret non era certamente conosciuto、ma dopo la morte dell 'Amico Bastien-Lepage、続きを読む続きを読む続きを読む»続きを読む»ダル1880年ブールブレのスタジオスタジオ、ヌール=シュル=セーヌ、ヌルリー=シュル=セーヴォ、デラ・ペリフェリア・パリージナ。L'ultima Cena"1896年サロン・デル・カンポ・ディ・マルテネル1800年。ブルターニュ、1885年の歴史、イタリア語、スペイン語、スペイン語、フランス語の翻訳。"Le pardon en Bretagne"1889年までに大規模な賞賛を受けています。1891年以来の歴史。
1896年から1897年までの期間、このウェブサイトでは詳細を確認していただけませんか。 1900年以上に渡るグランプリオーレ賞を受賞しました。最高の賞を受賞しました。 fu eletto membrodell'Académieフランセーズ。ページのトップに戻るフアンサラとラピットリッシュサラのページ。 Pascal Dagnan-Bouveret si spense nel 1929年Quinceyのカジノ (アルタサオナ).

Pin
Send
Share
Send
Send