新印象派アート

LaugéAchilleネオ印象派の画家

Pin
Send
Share
Send
Send





フランスの画家AchilleLaugé(1861-1944) Arzensで生まれた新印象派の画家だった。 1882年に、彼はフランスの芸術家アレクサンドルカバネルの指示の下でÉcoleNationaleSupérieuredes Beaux-Artsで彼の研究を始めました。1823-1889)とJean-Paul Laurens(1838-1921)パリで、彼はアーティストAristide Maillol(フランスの画家、1861-1944)彼とスタジオを共有し、生涯にわたる交流と友情を維持しました。 Laugéは彼の教師の方法やアドバイスに決して従ったことがなく、彼の作品は当時は過激と見なされていました。フランスの新印象派の画家Georges Seurat(の影響)1859-1891ポール・シニャック()1863-1935カミーユピサロ()1831-1903)、Laugéは自身をSeuratの厳格かつ科学的な方法に合わせることなく彼らのスタイルの要素を採用した。




1905年までに、彼はより伝統的な印象派のアプローチを彷彿とさせるスタイルで、より太い太いストロークを採用しました。 Laugeは1894年にSalon desIndépendantsに、そしてその年の後にFenchのアーティストPierre Bonnard(1867-1947)、Henri de Toulouse-Lautrec(1864-1901)そしてÉdouardVuillard(1868-1940)と共に展示しました。 。
Devant lafenêtre、1899 - AchilleLaugé
ラウエの点描画Devant laFenêtre(18991900年にサロン・デ・ラ・ソシエテ国立美術館から却下された)は、現在パリの国立美術館の現代的なコレクションにあります。ラウゼの作品はオルセー美術館やパリのルーブル美術館を含むいくつかの美術館で開催されています。 | ©Artnet Worldwide Corporation





















































アキル・ラウジェ (1861-1944)ネオ印象派フランス人、nato ad Arzens。 Nel 1882、アレクサンドル・カバネル(1823-1889)、ジャン=ポール・ローレンス(1838-1921)の3つの芸術家、芸術家、芸術家、芸術家、芸術家、芸術家、芸術家、芸術家、建築家など。 Parigi、conobbe artista Aristide Maillol(Francese、1861 - 1944年)、スタジオ、スタジオ、およびコンサートの詳細情報。私のお気に入りの商品を購入した後、あなたのお気に入りの1つを選んでください。 Neo-Impressionisti francesi Georges Seurat(インフルエンザ)1859-1891ポール・シニャック()1863-1935eカミーユピサロ()1831-1903)、Laugéadotto elementi del loro stile senza schierarsi con metodo rigoroso e scientifico di Seurat。 1896年頃の技術的な発展のための技術的な発展のための技術的な発展のための革新的な技術革新1896.ネル1905年、アッヴァート、アッポバート、コルピ・ピュ・リベレ、ピ・グランディ・コンインパクト、他の1つのスタイル。 Pierre Bonnard(1894年)、Salon de Toulouse(3月18日、フランス、フランス)の「Salon desIndépendants」の詳細はこちら。1867-1947)、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(1864-1901)、エドゥアール・ヴィユール(1868-1940)。 L'opera puntinista diLaugé Devant laFenêtre (18991900年、国立サロン・デ・ラ・ソシエテ国立美術館1900年、パリ国立美術館、パレ・デ・モレ国立美術館などの歴史的建造物が展示されています。美術館、博物館、パリのルーブル美術館の博物館の近くに位置しています。 | ©Artnet Worldwide Corporation


Pin
Send
Share
Send
Send