リアリストアーティスト

リチャード・シュミット、1934年

Pin
Send
Share
Send
Send



アメリカのイリノイ州シカゴで生まれ育ったアメリカのマスター画家リチャード・シュミットは、20世紀後半に南西部の最も重要な印象派の画家の一人となりました。グランドマナー「彼は、建築の彫刻家である彼の母方の祖父であるJulian Oatesから生まれました。リチャードの風景画、人物画、解剖学に関する初期の研究は、12歳の時から始まった。モスビーは、ブリュッセルのベルギー王立アカデミーとアントワープのスーペリアインスティテュートを卒業し、ヨーロッパとアメリカのリアリズムに関する技術的な専門家でした。最初はフランドル人、オランダ人、スペイン人の巨匠、そして結局は19世紀後半のヨーロッパ人とアメリカ人の画家たちの概念的・技術的方法を使って、人生から独占的に。

各期間の重点は、Alla Prima、またはさまざまな期間の直接塗装システムでした。しかし、リチャードの個々のスタイルと彼の作品の内容は個人的な方向に沿って発展しました。
2005年、Richard SchmidはワシントンDCで開催された年次肖像会議で、アメリカの肖像協会から金賞を受賞しました。リチャードはまた、コネチカット州オールドライムのライムアカデミー美術大学から名誉博士号を授与されています。
2000年にメトロポリタン美術館のグレースレイニーロジャース講堂でアメリカの肖像画家協会が主催した式典で、リチャードシュミットは生涯達成のためのジョンシンガーサージェントメダルを受けました。サージェントのおばあちゃん、リチャード・オーモンドがこの賞を発表しました。 2005年5月、シュミットはワシントンDCで開催された年次総会で、アメリカの肖像協会から名誉ある金メダル賞を受賞しました。 彼の経歴を通して、リチャードシュミットは彼の本、記事、ワークショップ、セミナーとテレビのプレゼンテーションを通して芸術教育を促進しました。彼は彼の主題のために西半球を広く旅行し、そして現在、彼の妻、ナンシーグジクとニューハンプシャー州に住んでいます。


















































Pin
Send
Share
Send
Send