リアリストアーティスト

エドゥアールマネル・デジュン=シュル=エルベ、1863年アートの詳細

Pin
Send
Share
Send
Send



1863年のサロンの陪審員により却下され、マネはサロン・デ・レフセでル・ベインのタイトルのもとル・ドジュン=シュル=アルベを展示しました。ナポレオン3世によって同じ年に始められたそれは主な魅力となり、笑いとスキャンダルの両方を生み出した。マネはヨーロッパの芸術的遺産に敬意を表し、彼の主題をコンサートのシャンペレから借りていた。 (ルーバー - そしてラファエロのパリ判決の後のマルカントニオ・ライモンディ彫刻からの中心的なグループの構成のための彼のインスピレーションを取ります。


しかし、古典的な言及はマネの大胆さによって相殺されました。服を着た男性の中に裸の女性がいることは、神話的な例でも寓意的な例でも正当化されない。これと現代的な衣装は、当時の大衆の目には奇妙でほとんど非現実的な情景を卑猥にした。マネ自身が冗談めかして彼の絵を愛称で呼んだ」ラ・パルティ・カレ「当時は、マネのスタイルと扱いは主題そのものとしては衝撃的であると考えられていた。彼は絵の明るい要素と暗い要素との間の移行をせず、残忍なコントラストのために通常の微妙なグラデーションを放棄した。ブロックで見るためのマニア「そして、キャラクターは、深さと遠近感の両方を故意に排除してきた森の大ざっぱな背景に不快に収まるようです。ル・デジュナー・シュルルベー - 慣習に従うことの拒絶と伝統からの新たな自由の開始の証言主題と表現の様式 - おそらく現代美術の出発点と考えることができます。 | ©オルセー美術館



Rifiutata dalla giuria del Salon del 1863、 ラ・コラジオネ・スエルバ viene esposta con il titoloイルバーニョアル」サロンデレフュセ"Napoleone IIIのための自動翻訳。ロペラ、芸術、芸術、芸術、芸術、芸術、芸術、そして文化 コラジオネ・スエルバ、ルーヴル美術館、オペラ座、オペラ座などの歴史的建造物。 Il Concerto campestre ティチアーノ、ジョルジョーネ、イタリア語、中心街の景色ispirazione da isincrate ispirata ad un'opera di Raffaello:Il giudizio di Paride.Tuttavia、in コラジオネ・スエルバここには、他の場所にはありません。 Lamodernitàdei personaggi rende oscena、agli occhi dei suoi contemporanei、クエストscena quasi irreale.La cosa divertivaマネチェ・アヴェヴァsoprannominato il suo quadro "Lo scambio di coppie"。スタイルの詳細については、ここをクリックしてください。ページのトップに戻るその他の検索条件に一致するキーワードを選択してください。マニア・ディ・ヴェデーレ路面電車"私は個人的な知識を必要としていません、シナリオを翻訳して、本質的に理解していませんでした、あなたの最初のアトラクションを読んでください。 ラ・コラツィオネ・スエルバ、他のものとは異なり、他のものとは別のものではありません。 | ©オルセー美術館
Marcantonio Raimondi - 1510年から1520年までのパリの判決 Marcantonio Raimondi - 1510年から1520年までのパリの判決 Tiziano Vecellio、(ジョルジョーネによるイニシアチブ)Concerto campestre、1509、Parigi、ルーブル美術館

Pin
Send
Share
Send
Send