リアリストアーティスト

新印象派のアーティスト

Pin
Send
Share
Send
Send



新印象派は、1886年から1906年にかけてフランスで主に栄えた前衛的な芸術運動に適用される用語です。 Georges Seuratの例に導かれて、Neo-Impressionistサークルの芸術家は、科学と光学の研究に根ざした測定された塗装技術を支持して、印象派のランダムな自発性を放棄しました。 ジョルジュ・スーラ(1859-1891)1884年、ラ・グランデ・ジャットの日曜日
HenriMatisse🎨Luxe、calme etvolupté、1904-1955現代の色彩理論の執筆によって促進 - 例えば、Charles Henry、EugèneChevreul、Odgen Roodの論文は、 ネオインプレッション主義者は、織り交ぜられた顔料を別々に触れると、パレット上で顔料を従来の方法で混合した場合よりも、観察者の目に鮮やかな色の鮮やかさがもたらされると信じるようになりました。
メランジュのブティックとして知られている(光学混合物)、この細かいペイントアプリケーションは、キャンバスに脈動する光のきらめきを実感させるでしょう。アーティスト、PaulSignac🎨の言葉では、ネオ印象派の最大の宣伝者、分離された要素は鮮やかな色の光に再構成されます絵の具の正確なドットの適用はと呼ばれるようになりましたが、顔料の個々のストロークを通した色の分離は分割主義として知られるようになりました 点描.
AngeloMorbelli🎨 - Battello sul Lagoマッジョーレ Angrand Charles(1854-1926)Antoine endormi Neo-Impressionistサークルの作家たちは、科学と光学の研究に根ざした測定された絵画技法を支持して、印象派のランダムな自発性を放棄しました。芸術評論家FélixFénéonは最初に用語「Neo-Impressionism」を使用しました「1886年のパリでの第8回と最後の印象派展で、ジョルジュ・スーラ、ポール・シニャック、カミーユ・ピサロ、そして息子のルシアン・ピサロの絵画を描きます。このように小さな筆を織り重ねることによって、補完的で対照的な色合いのタペストリーのような塗装面を実現しました。 Vincent vanGogh🎨でさえ、Seuratのスタジオへの訪問で「色の新鮮な啓示」を指摘して、Seuratの広大なパレットを賞賛した。Neo-Impressionismは、その魅力をはるかに幅広く横断する世代と国境を投げかけた。 CamillePissarro🎨(私の窓からの眺め)はスーラの色彩調和のシステムを最初に受け入れたものであり、それを "として認識しています"印象派の論理的行進における新しい段階「フランスの新印象派が1887年にレXXの展覧会でデビューしたベルギーでは、他の前衛派芸術家がそうしたように、ThéoVanRysselberghe🎨はSeuratの独特の技法を採用しました。 - ポール・シニャックとアンリ - エドモンド・クロスに加わったときの印象派アンリ・エドモンド・ドラクロワ)1904年の夏にサントロペで、そして輝く色の分割されたブラシマークで描かれた想像上の人物像の風景、ラックス、calme etvolupté。 カミーユ・ピサロ(1830-1903)🎨マザー・ルシアンの庭、1895 Camille Pissarro(1830-1903)マイウィンドウからの眺め、1886年Neo-ImpressionismのリーダーとしてのSeorratの強力な存在は、何十年もの間アーティストの間で共鳴しました。 Charles Angrandの自画像は、黒いクレヨンで描かれたSeuratの影のあるシートに驚くほど似ています。Henri-Edmond CrossとHippolyte Petitjeanは、分割主義の技法を水彩画に適用しました。 Saint-Tropez近くのCôted'Azurの村、Saint-Clairでは、十字架がモザイクのような彩色で鮮やかな彩度の彩色を使って鮮やかな彩色を描きました。Petitjeanの水彩画は、点描の芸術を装飾的な完成度まで高めました。 20世紀初頭に、Fauveの芸術家は色の純度のためのSeuratの技術に目を向けた。7人の抽象画家モンドリアンとカンディンスキーは点描を実践した。
Paul Signacのためではなかったなら、1891年のSeuratの早期の死後、Neo-Impressionismは勢いを失ったかもしれません。SignacはDiv​​isionistのバナーを継承し、そのために精力的にロビー活動を行いました。それを擁護するのは前衛的な批評家や作家にスーラの色彩調和のシステムを導入したのはSignacであり、影響力のある論文D'EugèneDelacroix auNéo-Impressionisme(1899Signac自身の作品では、彼の初期の絵画の厳格さと厳しさは、後年の大胆で贅沢なパレットに取って代わった。大運河、ヴェネツィア)特に彼の海の水彩画は、彼の遍歴のポケットの中に鉛筆と水彩画の箱以上のものがなく、色の純度と明快さを探求することを可能にしました。ネオ印象派が最終的にplein-air paintingからのほんの短い通路を示しました19世紀の印象派から20世紀のFauvismとCubismの幾何学に至るまで、それはモダニズムに不可欠な言語を体系化し、それと共に独立した形と色の新しいテキストをもたらしました。 | ©メトロポリタン美術館 チャールズ・アングランド(1854-1926)1887年、路上でカップル チャールズアングランド(1854-1926) チャールズ・アングランド(1854-1926)田舎の道、1888年色彩理論
Charles BlancのGrammaire des arts du dessinは、クロルミナリズムを刺激する色と視覚の理論についてスーラを紹介しました。 Blancの作品は、MichelEugèneChevreulとEugèneDelacroixの理論から導き、光混合は従来の顔料混合プロセスよりも鮮やかで純粋な色を生み出すと述べています。顔料を物理的に混合することは、シアン、マゼンタ、およびイエローが原色である減法的プロセスです。他方、有色光が一緒に混合されると、加法混合物が生じ、原色が赤、緑および青であるプロセスが生じる。分割主義を特徴とした光学混合物 - 顔料を並置することによって色を混合するプロセス - 混色と減法混色のどちらとも異なります。ただし、混色では、混色は加法混色と同じように機能します。つまり、原色は同じです。実際、Seuratの絵画は実際の光学的混色を実現していません。彼にとっては、この理論は鑑賞者に色の振動を生じさせるためにより有用であり、互いに近接して配置された対照的な色はそれらの特異な個別のアイデンティティを保ちながら色の間の関係を強めるだろう。 チャールズ・アングランド(1854-1926)自画像、1892 Charles Angrand - 1894年の分割主義的な色彩理論では、芸術家は光を次のいずれかの状況で機能させることによって科学文献を解釈しました。ローカルカラー: 絵の主要な要素として、ローカルカラーは被写体の本当の色を指します。緑の芝生または青い空。直射日光: 必要に応じて、直射日光の影響をエミュレートするために、太陽の行動を表す黄橙色に自然色が点在しています。影: 照明が間接的なものである場合は、青、赤、紫などの他のさまざまな色を使用して、暗さや影をシミュレートすることができます。反射光: 絵の中で互いに隣接している物は反射した色をその上に投げかけることができます。コントラスト: Chevreulの同時コントラスト理論を利用するには、対照的な色を近接して配置することができます。印象派に対する反論を求める他の芸術家がネオ印象派の運動に加わったように、スーラトの理論は彼の同時代の多くを魅了しました。事実、1899年に出版されたSignacの本、D'EugèneDelacroix auNéo-Impressionnismeは、分割主義という用語を造語し、新印象派の明示として広く認識されるようになりました。 チャールズ・アングランド(1854-1926)ハーベスタ Charles Angrand(1854-1926)1886年、パリからの出口にあるWesternRailwayフランスと北ヨーロッパの分割主義Signacに加えて、他のフランスの芸術家は、主にSociétdes ArtistesIndépendantsの協会を通じて、Camille and Lucien Pissarro、Albert Duois-Pillet、Charles Angrand、Maximilien Luce、Henri-Edmond Cross、およびHippolyte Petitjeanを含むいくつかの部門主義技術を採用しました。さらに、ポール・シニャックの分裂主義の支持を通して、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ、アンリ・マティス、ジャン・メッツィンガー、ロバート・ドローネー、パブロ・ピカソの作品の一部に影響が見られる。1907年にメッツィンガーとドローネーは評論家ルイ・ヴォクセルによって選ばれた。小さいが非常に象徴的なコンポジションを構成するために、大きくてモザイクのような「立方体」を使った分割主義者。どちらのアーティストも、その後すぐに彼らのキュービスト作品の文脈の中で大きな意味を持つ新しいサブスタイルを開発しました。オランダのピエト・モンドリアンは、1909年頃にモザイクのような似たような部門主義的手法を開発しました。1909-1916)Gino Severiniのパリの経験に影響されて、スタイルを調整するでしょう。1907年から)、彼らのダイナミックな絵画と彫刻に。イタリアにおける分割主義いくつかのイタリアの画家に対するスーラとシニャックの影響は、1891年のミラノでの最初のトリエンナーレで明らかになりました。 Grubicy de Dragonが先導し、後にGaetano Previatiが1906年に彼のPrincipi scientifici del divisionismoで成文化した、主にイタリア北部の多くの画家がこれらのテクニックを用いて様々な度合いで実験した。PellizzadaVolpedo🎨そして政治的) 科目;これで彼はMorbelliとLongoniによって結合されました。 Pellizaの分裂主義作品の中にはSperanze deluse(1894)と唯一のnascente(1904)しかしながら、分割主義がSegantini、Previati、Morbelli、およびCarlo Fornaraを含む強い支持者を見いだしたのは風景の主題の中にあった。絵画の主題の主題のそれ以上の支持者はPlinio Nomellini、Rubaldo Merello、Giuseppe Cominetti、Angelo Barabino、Camillo Innocenti、Enrico Lionne、Arturo Nociです。分割主義はまた未来派ジーノセヴェリーニの仕事にも重要な影響を及ぼしていた(Souvenirs de Voyage(1911年);ジャコモバラ(アークランプ、1909; CarloCarrà(シーンを去る、1910;ウンベルト・ボッチョーニ(市の上昇、1910). Charles Angrand(1854-1926)田舎の道、c.1886ネオ印象派のアーティストのリスト
Gaetano Previati - イルカルロデルソール、c。 1900年 Georges Lemmen(1865-1916) - ヘイストNo.9ザ・ビーチ、1891 ジョルジュ・レンメン(1865-1916)1891年、ヘイストのビーチ ジョルジュ・レメン(1865-1916)マダム・レメンレディング、1907年 ジョルジュ・スーラ(1859-1891)サーカス・サイドショー、1887-88 Maximilien Luce - ルボンサマリタン、1896 Maximilien Luce - パリのノートルダム大聖堂、1900 ノメリーニ・プリニオ(1866-1943)La Colonne defumée Nomellini Plinio(1866-1943)1914年の最初の誕生日 ポール・シニャック - 1890年の肖像画 Robert Antoine Pinchon - La SeineàRouen aucrépuscule、1905年11月Puntinismo、フランス 点描、1885年フランシスコでの簡単な説明、sviluppatosi。詳細は、Puntinismoさん、la scoconeva私はピッコリpuntiで、私はcoliされています。色とりどりの場所、色とりどりの場所、色とりどりの飾り付け、装飾的な飾り付け、装飾的な飾り付け、装飾的な装飾、装飾的な装飾、装飾的な装飾、装飾的な装飾、装飾的な装飾品、一日あたりのコントラストのために。技術的な問題、解決策、知識、知識、知識、経験を積んでください。詳細については、ここをクリックしてください。デラステラテクニカ、デレビズリモ、デラウェア州、スペイン語、スペイン語、スペイン語、スペイン語、スペイン語 プンティニズム/ディビジョンismo フージョルジュスーラ1859-1891 con il celebre dipinto "Una domenica pomeriggio sull'isola dellaグランデジャット"、さて、特にレッセンツァピットリカデッラコレンテに。 L'altro esponente della stessa tecnica furiフランスPaul Signac1863-1935🎨、il quale riprese il metodo diSeurat🎨usando pero delle pennellatepiùlarghe、ゾーンrettangolari o区。詳細については、ここをクリックしてください。ラヴォラーノインスティーム、ラヴォラーノインディアム、インプレッションの詳細、ロマンチックな雰囲気、そして科学的に有名なリプロポロ。エド・エコ・チェ・ナスレ・イン・ネオ・インプレッション主義、チェス・ポジェ・デル・レポーポ、チェコ、チェコの作品集イタリア語、イタリア語、イタリア語、フランス語、アゴスティーノ、ヴェルターノ・プレビアティ、Pellizza da Volpedoセガンチーニ、チェ・ディ・フランチェスティ、非プロヴォニヴァーノ・ドール '印象派ma maqueque dal tardo Romanticismo。事前に連絡を取り合います」ラテクニカデラピットーラ」 シティーは、未来の未来を描く未来を見据えた未来への旅を提案します。ジョージ・スーラ1859-1891 | Technologeekoフランスのポスト印象派画家🎨 Paul Signac 1863-1935〜フランスの新印象派の画家|点描スタイル🎨 ヴィンセントヴァンゴッホ1853-1890 |オランダのポスト印象派画家🎨

Pin
Send
Share
Send
Send