リアリストアーティスト

マルコ・ブソーニ、1962年

Pin
Send
Share
Send
Send



- 私の芸術作品の焦点は光です。絵を描くことと写真を撮ることは私がその壮観でエバネッセントな展示会で自然光を形成しているのと同じインスピレーションの二つの側面です。明るく晴れた日や雷雨のブレーキの直前に私です。写真は私のバックパックの重いレンズ、テクノロジーと情熱の闘いを気にせずに作られた狩りをする必要性を解決するものです。
' - 私は絵画にアプローチするのはクロード・モネや他の印象派のやり方です。私はシーン内のオブジェクトではなくシーンから形成された光のキャストをポートレートしようとします。光の状況が変わるとき、多くの場合絵画の主題は光そのものであり、シーンはその多様性と美しさを広げるための単なるスクリーンです。絵画は錯覚を生み出しており、私はこれを表示するのが好きです。細部の再現ではあるが、目に見える一連のブラシストローク、光の印象をあなたの目にもたらすことを試みる形および色のパターン。

  • 教育:
' - 私はミラノで生まれ、10年後に絵を描き始め、本能的に表現する必要性に続き、すべての芸術教育に熱心に夢中になりましたが、そのとき私は主にグラフィックアートを発見しました。私は1992年にミラノのPolytechnicで航空工学を卒業しましたが、1993年から1995年まで芸術的職業が私を克服しました。私はLodiのBergognoneアートスクールのグラフィックアートのレッスンに参加しました。 1995年に私はロディの芸術家のグループであるCircolo Ada Negri協会と連絡を取り合い、協会の集合展示会で私の作品を展示し始めました。 (1995年7月、1998年9月、1999年10月、2000年10月この展覧会で、私はミラノの歴史的芸術社会を紹介してくれた詩人であり芸術評論家でもあるLuciano Volinoの推計に出会いました。」La famiglia artisticaミラネーゼ私は2003年6月に私の最初の個展をしました。2004年6月、2005年1月、2006年1月、2007年6月ここに私は私のアートワークに気づき、私が2006年10月の私の第2個人的な展覧会を組織するのを助ける有名な画家Franco Tarantinoを知っていた。FrancoTarantino、私を芸術協会に招待したGruppo Artisitico Forlanini Molu「2006年12月に飛行をテーマにした一流の集団展に絵画と共に貢献するところ」飛行の力学"そして協会UCAI(Unione Cattolica Artisti Italiani私は2007年11月にミラノで開催された平和に捧げられた重要な集団展示会に貢献しています。ボッテガデルアルテ"Casatenovoの絵画学校と芸術協会。私は彼らのイベントと毎週の会議に参加しました。主なイベントは、パエストゥムのギリシャの寺院での集団展覧会での場所ですペストゥムギャラリー「2006年7月と展覧会」ムジレスアンブレンヌ" (フランス2007年7月に展覧会の前の日のグループの芸術家によって作られた無地の空気の絵画で作られました 』。








































































Marco Busoni、nato a Milano、africamete residence con con famiglia、Usmate、Monza e Brianza県で。
1992年にミラノ、イタリアで最も人気のある賞を受賞しました。また、賞賛を授けてください。 、tecnica、quest'ultima、nella quale sispecializzeràpoiでmodo particolare negli anni seguentiを検索してください。



Pin
Send
Share
Send
Send