ギリシャの芸術家

Angelos Panayiotou / 1943年。抽象比喩画家


* "私は自分の芸術が感情的で精神的な避難所であることを望みます。私たちの内なる救いへの道を開く、穏やかで平和なイメージを望みます" - Angelos Panayiotou *"Θέλω η ζωγραφική μου να είναι ένα συναισθηματικό και πνευματικό καταφύγιο. Θέλω να είναι μια εικόνα γαλήνια, ειρηνική, ανοίγοντας ένα μονοπάτι προς την εσωτερική μας" - Άγγελος Παναγιώτου
γγελοςΠαναγιώτουは、トリカラ、ギリシャのファルカドナに生まれました。 1962年、彼はアテネの美術学校に入学し、そこでGeorge Mavroidesのもとで絵画を学びました。
彼は多くのヨーロッパの美術館、特に彼がルネサンスとバロック時代を中心に歴史的西洋美術を学んだルーヴル美術館を訪問することによって彼の教育を続けました。







Angelosの作品のほとんどは、人間の形、リアリズム、そして光を中心としています。彼の主題はしばしば明暗間の強いコントラストが全体の構成を埋め尽くす、キアロースクロ実体の中で自発光しています。彼の絵画が常に創造する経験は、エーテル的な感情を通して提示される世界のひとつです。ギリシャ国内外でのプライベートコレクション。