リアリストアーティスト

キャンディス・チャールトン、1968年


キャンディスチャールトン(南アフリカ共和国ダーバン1997年以来、フルタイムで絵を描いてきました。1998年に彼女は最初の個展を開催しました。オランダとイタリア。人間の姿、特に肖像画は、チャールトンの作品の主な焦点です。




彼女は集中的に研究された肖像画と比喩的な構成で人間の精神の謎と深さを発見して明らかにしようと努力します。近年では風景も彼女の絵に現れ始めました。気分と雰囲気を表現することへの彼女の愛は、彼女の主題として自然を使った新しい表現を見つけます。
  • 教育
ロードス大学、グレアムズタウン、南アフリカ
  • ソロ展選択済み)
2013ビジュアル詩 - モレンギャラリー、ユトレヒト; 2010新しいルーツ - モレンギャラリー、アムステルダム; 2009クニスナファインアート、南アフリカ; 2008モレンギャラリー、ユトレヒト; 2007モレンギャラリー、ユトレヒト。
  • グループ展(選択済み)
2014 Galerie Zofier、Nieuweschoot。
2014 Realisme Art Fair、アムステルダム。
2012 Film Forever、モレンギャラリー、ユトレヒト。
  • 割り当て
1999 - 2015年25の肖像委員会。アートフェア(選択済み)ING Collectie2ロードス大学Bursariesフィギュアドローイングの最優秀作品、東部芸術協会美術協会、1992年。